こころと、パチンコ

毎日パチンコを打つ人の日常。

パチスロゲームセンターエスパス その3

その3。

残り時間少ないので、思い入れのある台を急ぎ足で打ちまくりました。

21.jpg


クランキーコンドル&クランキーコンテスト。

自分が打ち始めたときはほぼコンドルは末期(ほとんど若い人ばっかり)でしたが、
知人に打ち方を叩きこまれ本当によく打ちました。
オール1が当たり前とはいえ、設定1で105%はやはり優秀。
上段青7テンパイの2確。通称「青テン」。
実は左上段青7+ど真ん中リプならどのリプでも2確。

DDTも兼ねてるので、みんな必死にこの「青テン狙い」を当時はしていたわけですが、
チェリだけ狙ってオヤジ打ちでウェイト掛けて
ゲーム数稼いだ方がよかったかも…。マックスベットないですからね。
当時シミュレートした記憶があるのですが、104%未満にはならなかった記憶が。
小役カウンタが優秀なので、それほどこぼしによる影響は大きくないです。

コンテストの方はやっぱりこれ。
右中段スイカの2確+枠下青7でビッグ2確。たまらんです。

23.jpg

左 サンダーV。
ビッグ確定目! やっぱりこの台は予告音の出現率、演出バランスが絶妙ですね。楽しいです。
この台を打っていた時はハズシをする位で設定判別もなーんもしてなかったので
負けてたと思いますが、誕生日イベントで設定6を打てたり、
7枚交換だけど朝一から全台5確定というイベントがあったり…当時はやっぱり甘かったですね。

右 ゲッターマウス。
リーチ目が法則に沿ったシンプルな目からマニアックな目までたくさん。
写真の目は左中でスイカハズレ目…だったはず。
とっても楽しいです。オヤジ打ちが最高に楽しい。いくら打っても飽きません。

25.jpg

左 CCエンジェル。
7枚交換の設定5イベントで9500枚を叩き出した思い出の機種。
店員のおばちゃんが呆れてました…。
今日は引けませんでした。リーチ目がなかなか難解。羽(他機種でいうスイカ)がクセモノで、
この羽ならOK、これだとNG…など。ややこしい台でした。


初代ルパン。 やっぱよく出来てます。
小役狙いは小役カウンタがビッグ終了後にリセットされないため全く意味がないので、
止める直前以外はオヤジ打ちでOK。どこを押しても楽しめる。
ベルorビッグでわざとこぼす位置で押して楽しんだり。とっても好きな台。

27.jpg

ウルトラセブン。
高校を卒業したての春休み。初めてパチンコ屋に行って、初めて触ったパチスロ台。
3kくらい入れて何にも引けなかったんだったかな。必死に7を狙ってた気がする。

写真は0枚役揃い。鉄板かな。
当時は0枚役の存在も知らなかったと思う…

以上。たくさん打てて楽しかった!
他のレトロスロゲーセンで打てなくて気になった台を一通り打てたので、大満足です。 特に裏モノ!


後は…バルテックの「ワニ丸」、大都技研の「フュージョン」「ザ・マジカルニンジャジライヤ」
どこかにないかなあ。出回りが少ないんだろうか。
「ビーナスセブン」は今年初めに打てました。
斜めプラムハズレのリーチ目、写メっておけばよかったなあ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する