こころと、パチンコ

毎日パチンコを打つ人の日常。

「ただ住んでただけ」で人災で生活も健康状態もめちゃくちゃにされて、
今後の保障もわからない。これはもう、めちゃくちゃな話でしょう。
代償を払いようがない犯罪を犯したようなものか。


なんだか目に付くなあ、と調べてみたらベローチェが徒歩圏内に6軒。なぜ?
いや都心なら1つの駅に2つくらいはあったりしますけど、6軒て。
うーん、すごくどうでもいい気づきだ。

不慣れな分、楽しい土地だけれども、慣れると地元と変わらないですね。
中心部なせいもありますが、それを考慮しても外食は特に安くはないし。
分かっていたことだけれども、普通に都会です、福岡は。

「博多はせっかちな人が多い」
これはどうも過ごしている範囲では事実として感じる。
いや、まあこっちの人みなさん公言してるくらいなので書きますけど。

赤信号は渡りまくる、超高速で自転車が走り回っている(本当に危ない)、
換金所で紙幣を数える間もなく横から入れる人、これ2回。

こういうのは慣れるしかないんだけど、やっぱりまだ首をかしげる。
もうちょっと、のんびりしたっていいと思うんだけど。


やっぱり将来隠居して住むとしたら(隠居なんてできると思ってないが)
生まれ故郷ってこともありますが、札幌。

性格的にものんびりした人が多いし、街中を歩く人にしても
身の丈に合ったオシャレというか、自然な感じが好きです。
交通と雪が相当不便ですけどね。


これは自他共に認めることなのですが、非常に困ったことに
自分には競争心や闘争心ってのが昔から欠けています。ゆとり世代じゃないんですが。
根っからの平和主義だし、好戦的な人も苦手。

生まれのせいも一部あるのかなあ、とここ近年感じる。

それらの性格にくっ付いてくる「面倒くさがり」ってのはもう、自分のせいですが。


近頃は地元のこと、被災地のこと、思うことだらけです。

が、結局ゆるいスタイルだからこそ、書きたいこと、書き易いことを思うがままに
書いているからこそ続いている日記なので、
今後も普段通りにまたどうでもいいことを書き綴っていこうと思います。

毎日パソコンに触れれる状況なら、なにも更新状況は変わらないですしね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する