こころと、パチンコ

毎日パチンコを打つ人の日常。

引けただの、引けないだのはあんまり気にしないようにしているわけですが。

今月は下回ってばかりでしたが、先日久々に超上回りの大爆発!
…と思ったら機種はアグネスです。赤海ですよ。甘デジですよ。しょぼ。

GAROなら7万発くらい出てんじゃないの、みたいなヒキです。
午後から打って4%の15Rを7回とか何かねこれは。

なぜこのヒキがMAX機とかの高いレートで炸裂しないのでゲソ、
とか帰り道ふてくされたりしますが、まあ欠損具合も落ち着いてきたので万々歳。
(気にしてんじゃん)


さて、毎週開催の某機種イベントに出向きました。
ここ5週くらい外していないイベント。堅い。
ライバルもいつも全然いないし、まだまだ長いこと打てるぞ。

今週はこれか、これか、これだなー、っと朝一に目を付けてた台を
片っ端から打ってる人がいます。ありゃ。

どうやら見るところを見ている。いかん、強敵出現!
おまけに隣に来た。ひい。まあそれ打つよね。

ガラガラのシマで同業と二人きりかよ。こりゃきつい。
状況的に、ライバルが少ない場合は友好的に接した方が楽、と思い
頃合を見て話掛けました。
どうせこの人、来週も来るでしょ。

気さくな人で良かった。無視されたらどうしようかと。
っていうか、ひー、超凄腕さん。

その時に打っていた機種については基本的な考え、打ち方は似たようなものでしたが、
やはり「最近の稼動話」とかに話に行くと濃い。

話をすればするほど、自分の未熟さを痛感。
自分が行ってる店、ほとんど行ってそうな勢いだし…。

攻略とかやってます? 権利物っぽいあの機種とか某羽モノとか(一応伏せる)。
とか聞かれたけど…すんません、自分超ヒラです。

しかし思ったのは、ネットやら、雑誌やら、人づてやら、
考えうる情報源すべてを活用している現場の人のレベルは未知数、ということ。

未知数ってのはピンキリってことですが、ピンの人の上の上のレベルは計り知れない。
やっぱり、365日パチンコのこと考えてる人はすごいよ。
って自分はどうなんだよ、と。見習わないとなあ。

気づかないだけで、凄腕さんはそこらのパチ屋にいくらでもいるのだろうな。

たくさんありがたいお話しをして頂けました。
しっかし隣に座った人とパチテレの番組の話をするとは思わなかった。

新機種模索にしろ、店回りにしろ、他の専業との接触にしろ、
良い刺激を受け続けたいものです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する