こころと、パチンコ

毎日パチンコを打つ人の日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

先日、安田プロと大崎一万発氏のパチテレの番組で、
ゲストとしてマコトプロが出ていた。

そこでマコトプロ。
「今年は、まず右打ち消化の機種は欠かさずチェックすること」と言っていた。
その点には辛うじて着いて行けただけ今年はマシだった。
去年までは何にも考えてなかったからね。

しかしまあ、自分のようなそこらの専業レベルでもそんな感じだった年ですし、
この人レベルになると、右打ち機種の増やしがどうのこうの、ってのは
TVで言える範囲であるわけで、それ以上のことやってたりするのでしょうが。


自分はというと、結局ヒラ打ちと、それに毛が生えた程度のヒラ打ちのみであり、
やっていることは店回り、釘読み、試算、技術介入、情報収集。
結局、それらのことの精度を上げてるだけです。

それだけですが、自分の打ち方はそういう感じです。
そんなんで、やれるだけやっていきます。

キツイシマで連日とか、そういう打ち方ができる
強靭な精神力を持ち合わせてないのはよく分かってますし、
地味(というのも語弊ありますが)な立ち回り技術を地道に
向上させていくしかないですね、自分の打ち方ですと。

さらに上手くなりたい、という気持ちと、なんでこの台打ってんの、
なんでパチンコなんて打ってんの、という理由を考えること。

最低限、この2つは大事にしていきたいです。


あと、節目なので書いておきます。情報の扱いについて。
近頃は他サイト様に積極的にお邪魔させて頂いたりしております。

今後、細かい打ち方や、「書いたら他の人の迷惑になる」と思われることは
このブログでは一切扱いません。
電チューの狙い方にしても、使えそうな機種にしても、ストロークにしても。

人様に聞いた貴重な情報をこんなとこに書いちゃったり、なんてことは
あるはずがないですが、枠がややこしくなるので全面的にそういう記事は避けます。

「書かない方がいいな」ってことは今までも当然避けてましたし、
基本的には今までと変わらないですけどね。一応、徹底しておくぞ、ということで。

せいぜい書く範囲としては情報が出揃っている機種、大して使えない機種、
完全に終わった機種、そんなところで。

というか、見返したらパチンコのことロクなこと書いてないじゃん。
いや、気づいてましたけど。

基本的に自分はゆるいスタンスでやりたい方ですが、キッチリやることはやって、
パチ屋って場所は殺伐してますけど、人との繋がりと人としてのあり方を大事にしつつ、
さっさと金貯めて、さっさとパチンコなんて止めてどっかに飛んで行きたい、
というかそんな簡単なもんじゃないですけど、そういう感じでありたいです。
(意味がわからん)

読んで頂いている皆様、かまって頂いていた皆様、今年もありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop

年の瀬なので"Evernote"を試しておく。

どの端末からでも使える一括データ管理サービス&アプリ。
webページやら画像やら、なんでも放り込める共有フォルダをネット上に作れます。
簡単クリップ、簡単ブラウズに特化しているので、軽いし管理もしやすいです。

使い勝手は良いですね。流行るわけだ。

いいぞこれは。よし、使っていこうじゃないか。
まずは機種情報のページでも手当たり次第にブチ込んでおくか。

…と思ったら、スマートフォンにおいてのキャッシュのローカル保存は
iPhoneとAndroidのみ対応。で、有料会員じゃないとダメらしい。

あれ、Windows mobileは?…

全体で膨大な容量になるのでもなければ、そりゃローカルに保存しておきたいわけです。
オンラインに接続しなければ見られないのと、見られるのとでは
使い勝手も軽さも全く違ってくる。

くそう、早く対応してください。

これは便利だと思う。
PCでクリップして、携帯で閲覧する、という流れがかなりシンプルになる。


結局、機種情報はページごとJPEG保存してメモリーカードに入れてます。
(webページを画像保存するツールは検索すればたくさん出てきます)

画像保存て。スマートフォン使ってるのに全然スマートじゃねーな。

いや、別にhtmlを保存してローカルで見てもいいんですけど。
webブラウザって起動が重い気がするのと、画像の方が管理閲覧し易いので。

外からネットに繋いで情報を確認するのが普通なんでしょうが、
パケ代の問題を抜きにしても、接続して、ブックマーク開いて、機種名で検索して、
という作業に妙に時間食ったりして嫌なんですよね。

そこは好き好きでしょうが、
自分はなるべくオフラインで作業できるようにしています。

PageTop

楽器屋の中古コーナーを「なんか面白いもんないかのう」
と、ウロついていたらセールストークに遇う。

いやいや、俺QYなんて要らないよ。(音源内蔵小型シーケンサ。どこでも作曲できる)
コード進行なんてさっぱりわからんし。

トライトン? 俺、鍵盤弾けないよ。
鍵盤なんて打ち込み用に2オクターブくらいありゃ十分だよ。

結局何が欲しいんだよ。全く困った客だな。

それにしても店員さん、すっげーフレンドリー。
楽器屋って昔から敷居高いイメージありましたけど。最近は違うなあ。

「あ、眺めてるだけなんでいいですよ」
「いえ、ご迷惑じゃなければ商品の紹介だけさせてください」
そういわれちゃ仕方ない。

うーむ、音色のエディットやら操作形態やら、素晴らしい流れで説明してくれる。
なんだ? この人は中古販売のプロか。

いや、どう見てもバイトなのですが。家電屋販売じゃあるまいし、勉強熱心だなあ。
「買うのならば、こういう人から買いたい」と久々に思った。素晴らしい。


音楽機材なんてのは機能も用途も千差万別なわけで、
既に買うモノを決めている指名買いの客、もしくはただの冷やかしの客がほとんど。
「どれがいいんだろ~」 なんて買いに来るのは1割くらいでしょうね。
楽器屋のセールストークってのは難しそう。

それでも果敢に売りにくるのは偉い。
胡坐かいてたらネットショップやネットオークションには客取られるもんな。

ただ、最近はバンドに興味を持つ若い子らが増えているらしいので、
そういう層が今のシンセ市場のメインの客層なのだろうな。
実際に、近頃は余計な機能を省いた奏者向けシンセが多い。

6万くらいで新品のローランドの61鍵が買えるんだから、安くなったよなー。
楽器やってる子、最近は本当に増えたように思います。男女問わず。

楽器屋ってのは店員にしても、客にしても、
「こいつら全員音楽やるのか!」という独特の雰囲気が好きだ。
ゾクゾク来ます。自分みたいな冷やかしがほとんどでしょうけど。



新しいビッグシューターを15分だけ打ちました。なんだこれ、超おもしれえ!

去年も同じような感じで年の瀬に羽モノを軽く遊び打ったのですが。

その時と違って今回は
「ふむふむ、この台のこの釘はダメじゃな、この釘はいい仕事しとるな」とか
自然と釘と玉の動きの絡みを意識して見ていたり、
鳴き回数、拾い率、V入賞率、平均ラウンド数を採らんとクオリティわからんな、
と自然と思ったり、それが嬉しかったです。

釘の動きが大きい低換金で定量制の一般台とか、久々に打ってみたいなあ。
3年くらい前までは近場にもまだ存在していたんですけどね、見事に潰れたなあ。

PageTop

SNC00043.jpg

クソ黄門もこんなんだとさすがに寄ります。

風車振り分け85%でヘソ方向、
ただハカマ上で2割こぼし、
左スルーがほぼ死んでいたためにハチベイがずっと寝てました。


さて、回転率ベースで期待値を取るのでなく、爆増やしした出玉頼りの場合、
一日単位での大爆死の話は良く聞きます。
欠損すげえ、とか収支が荒れる荒れる、という話。

低ベースの台が主流なこともありますね。

例えば、クソほどハマって全然引けず爆負けしました。18/kの等価美空で。
18/k? 普通の人が聞いたらそりゃ負けるわ!って話だろう。
実際、ただ回しただけで大した技術もクソもないわ、という稼動で終わってしまう。

無論長い目で見れる専業においては、そういうことは気にする要素ではないのですが。
ただ、種に心許ないと一瞬で死ぬような時期な気がするし、この先ずっとこんなんかもなあ。

この前、凄腕さんに「月前半で収支が追いついていない時は甘デジに逃げる(こともある)」
と聞きましたが、なんか安心しました。
収支は最大限のものを選ぶのが正しいのですが、ある程度は確実な収支を積んでおく、
という考え方も間違ってはいない。

環境にしてもそう、攻略系の話を聞いても、
やっぱり自分は鉄火場のシマに入るの無理だわ、とも思ったし。
スタンスはやはりそれぞれ。

ただ、「稼げないようなスタンス」ではただの時間の無駄で専業生活を終えることになる。

無理なものは無理でも、「やれる範囲のこと」は出来る限りやらないとね。
あとは「それで足りてるかどうか?」という自分の判断。そこは個々のさじ加減。


「この日記はユルい感じで」とか書いた矢先にあんまりユルくないな。
次は「イカ娘が終わって寂しい」とかそういうことでも書くか。(たぶん書きません)

PageTop

忘年会シーズンでございます。
しょっぱなにパチ系の会合に参加してドでかい刺激やら
気持ちの良いヒリヒリ感やら味わったりしてますが、
その中でひとつ、日記のことで気に掛かったお話がある。

専業ブログ。ここ数年で急激に増えて急激に消えた。というお話が出た。
あ、そういえばそうですよね。

なぜか? 単純に飽きたから? 最初は楽しいんですよね、実際。

しかし。「金の掛かったパチンコが題材である」「専業である」ということがネックになってくる。

「どこまで書いていいのかわからん」「線引きが難しすぎる」
「考えて書かなきゃいけないことが多すぎる。結局面倒なだけでメリットないぞ」
「じゃあ止め」

という流れが多いそうで。やっぱ誰もがそうなのか。納得。

実際この日記も、なんだかよくわからなくなって来てますけどねえ。
何度書いたことか、方向性を見失ってきた、って。

現場では、おいそれと書けないようなことを武器に稼動するわけですが、
(自分レベルでは大してそんなのはないが)
この日記はユルい感じで、日常的なことをメインに書いて続けて行きたいと思いました。


で、携帯をもう一台買いました。機種の詳細については割愛…。

スマートフォンってのは面白いですが、ネックになるのは
やはりパケット料金なんですね。

Yahoo!のトップを50回開いただけで基本料金と合わせて
月7000円を超えちゃうってのはやっぱり許容できません。

とりあえず自分はネットを見る時は月980円のwillcomの方にして、
メインのスマートフォンは通話とメール専用。
で、wi-fi無料スポットがあったら使う、くらいにしてます。

家電屋でポケットwifiを眺めている人が多かったです。
そりゃ鞄を持ち歩く人なら、3Gで接続するよりそっちの方がいいよなあ。

PageTop

新海が入りました。

その影響で海イベントが一つ使えなくなり、
全館イベントでよく打っていた甘アグネスも、シマ移動と同時に
出玉を殺されて使えなくなった。海の状況はやはり相当厳しく感じる。

持ち駒が減って困るのは事実ですが、
まあ、他の手駒を探すようになるし悪いことでもない、かな。
特に自分は「高くもないけど確実にそこそこの台が取れるなら朝一から真っ先に向かう」
という妥協じみた行動が多いので。

最近は機種や定例イベントに頼りすぎで、店回りが相当おろそか。
状況がサッパリわからない店だらけ。ダメだこれは。

ってーのも、先月はリニューアルして貯玉リプレイ無制限になった店の状況が良く、
その店に頼りっきりだったってことと(当然その店も甘い時期が過ぎ、全くダメになった)
その他の稼動はほとんど行き付けのイベントばかりだったからだ。

うーむ、言い訳っぽいというか、仕方ないというか。
必要な時、可能な時にガシガシ足を使おう。

新海はちょっとだけ触りましたが、
やはりワープとスルー周辺のゲージのクソっぷりと、ステージの挙動の不安定さが気になる。
ステージの性能自体は悪くなさそうだけど、ステ止めしにくいね。

通常時の小デジ抽選が早いので、小デジ保留を見ていても抜け具合が分かりにくい。
スルーの調整がかなりネックになりそうなので、
試し打ち時は抜けた玉をしっかり数えないとダメか。目が追いつかないぞ。


流行り? の黄門。
そこまで甘いとは思わないが、打っている人は多いのでよく話題になる。
期待値を取りやすいのは事実だが、やはり海の2倍以上の疲労感があるね、この機種は。

楽しそうに打っているジジババさん方の左隣で
変な小細工てんこもりで打つのは辛いものだ。

勝ちたがっている人間にならば、せっかく情報が溢れているのに
波読みだの、インチキホルコン攻略だの、楽な方向に頼ってないで
ちったあ正攻法を勉強しろ、って話なのですが、
相手がご年配ではそうはいえない。

やはり、パチプロってのはロクなもんじゃないし、神経もそれなりにすり減らす。
コソコソと小銭をふんだくる稼業なのだ。

いやそういう話は別として。

あまり派手なことをしにくい店の時は、捻りにしても
バコっと勢いをつけてゴム打ちまでしなくても、軽く動かすくらいでも十分だと思う。
屋根の合わせも片手で問題なくなるし。
妥協的ですが、そんなに数字は変わらないんじゃないかな?

しかし極限まで追う人は物凄い。
指サックやら、ストッパー的なものを用意したりする人もいるようで…。
小道具はあまり使いたくないかな。

電サポ中も考えられる技すべてを使うとやはり甘い機種になるのは事実。
ロング解放時にボコボコ入る光景は爽快だ。



最近思います。パチンコってのは考えることが山積み。

自分は駆け出しの頃よりはそりゃ確実にレベルは上がってはいるはずですが、
パチンコってやつの奥深さを知れば知るほど、こんなに難しいもんだったの?
と感じるようになった。

ある程度のレベルで留まってしまう人は多いと思う。
ってのも、ある程度まで行くのは簡単だけど、その上の段階に行くのは難しい。
というか、上が見えない。

結局レベル上げるって、なにをすればいいの? って話だよね。
自分もそのある程度で、もがいているようだし。

やっぱり情報収集と、前にも書いたように刺激を受けること、向上心を忘れないこと、
そのあたりなのかなあ、と考えています。

PageTop

牛ハラミ。自分の好物の一つ。
先週チェーン系の焼肉屋で食べたのですが、
軽く(?)酔っていたのでそこまでたくさんは食べられなかった。

次の日に思いました。うーむ、やはりハラミってのは美味いものだな。
また腹いっぱい食いたいぞ、と。

ハラミは普通のスーパーには売っていない。肉のハナマサにもない。
スーパーで売っているのは珍しい方だと思います。
やはり常に扱っているのは、ニュークイック。あそこは強い。さすが肉屋だ。


稼動中。今日のパチ屋はニュークイックが近くにあることを調査済みだ。
よし、今日こそ買うぞ。牛ハラミを肉屋で買うぞ。

稼動先での買い物ってのは、帰りが電車だとモノによっては困るわけです。
さすがにニュークイックの袋をぶら下げて電車には乗れないよ。
まあ、今日は小さめのウェストバッグがあるし、それに無理にでも詰めてしまおう。


午後7時。休憩札を刺さずに猛ダッシュでニュークイックへ向かう。(うそ、小走り)

うーむ。牛ハラミの棚だけ空っぽ。
「今日はもうないんですよ」

はい。牛ハラミは人気だなあ。


懲りずに別の日、午後7時45分。

うーむ、閉店が近いからか、全部の棚が空っぽです。えー、もう閉店?
いや、せっかく来たんだ、食い下がるぞ。

「まだ買えますか? 牛ハラミがあれば欲しいんですが」
「牛ハラミはもうないですねー。」

はーい。

超人気。


11月終わり。
前半全く引けずにマイナスの危機。それは回避。でもやはりしょぼく終わりました。
収支の公開はしていないので、んなこと日記ではどうでもいいって話なわけですが。

パチンコでどうこう出来るのは結果ではなく、それに繋がる内容だけなので、
内容を良くすれば勝手に結果が付いてくるもんだと思っていますが、
当然結果が付いてこない時期もあります。

3万あるなら等価マックスも打つよ、とは言っても、
実際に3日で15万も入ったらまあ、怯むだろうし、粘りきれませんよね、普通の人は。
自分なんかは「あー、こんなもん、仕方ないな」とは思いますが。

ただ、「打った理由」は大事かと思った。
そこまでしても打つ理由ってのは、しっかりした理由が自分の中で存在していないと粘れないし、
それがなく粘っても、ただ15万負けただけ、って話で。

自分が打った理由にしても、自分計算では打てると踏んだから、
それだけでしかないですが。
「ボーダー越えてるから粘った」とか、そういうのよりは拠り所としては十分。

11月は海が多め。甘とミドル、ギンパラも絡めて、よく打ちました。

やはり海では25kあたりが壁、そこを超えることは少ない、というのは
みなさん揃って言うし、自分もそう思う。やはり壁だと思う。
日常的に超えてくる可能性があるのは、高換金で開けの日くらいか。

海で勝とうと思った場合、もう店とイベントの数でどれだけの台数をふるいに掛けられるか、
それ次第な気がします。店ごとに開けの上限ってのも決まってくるし。
あとは朝一チェックのすばやさ、高換金だと台ごとに出玉が全く違ったりするので、身軽さ。

同じイベントのシマでも出玉性能がバラバラ、回転率もバラバラって状況は多いです。
そういう場合は、素早い見積もりと試算で良台同士を天秤に掛けることになります。
あっちもいいけどこっちもいい、どっちがいいか、と考える作業。

広く考えると、もうパチ屋に入った時点からその作業が始まっているわけですが。

まあ、パッと見で「これじゃね?」って台がステージも出玉も良いようだったら
それでもう決め打ち、という日もよくありますけど。

台性能ってのは当然打ち込まないとなかなか正体は見えてこないし、
短時間で見切るのは難しいですね。

でも、難しいからこそ、そこに台選び能力の差が出てくるんじゃないかな、と思った。
やっぱり高換金の海は特に出玉のメリハリがすごい。

とか分かったようなこと書いてますけど。
「あっれー、当たったはいいけど思ったより全然スルー通らねえな」
ってーことはよくあります。
分かっていても、理解できていても、経験値が付いていけてない場合はまだまだなのです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。